診療科

形成外科

概要・診療方針

体表の腫瘍、先天異常、外傷など形成外科一般の治療を行っています。平成29年4月より常勤医1名・信州大学形成再建外科からの非常勤医師1名(月1回の外来診療)で診療を行っております。

診察内容

月曜、木曜は午前、火曜、水曜は午後に外来を行っています。
月曜、木曜の午後、金曜に手術、レーザー治療を行っています。
紹介・予約制となっておりますので、受診の際は形成外科外来まで、お電話にてお問い合わせください。

当院形成外科で行う主な診療(抜粋)
「腫瘍」

皮膚、皮下の腫瘍の摘出 欠損が大きい場合は局所皮弁術、皮膚移植などで層の早期閉鎖を行います。

「外傷」

軟部組織損傷、熱傷、顔面骨骨折

「先天異常」

臍ヘルニア(でべそ)、多指症、合指症、舌小帯短縮症、乳児血管腫、単純性血管腫(赤あざ)

「その他」

眼瞼下垂症、睫毛内反症(逆さまつげ)、腋臭症(わきが)、脱毛レーザー(自費診療)

担当医

大坪 美穂 (おおつぼ みほ)

形成外科医長 平成18年卒

主な職歴

長野市民病院、信州大学医学部附属病院、松波総合病院、、県立須坂病院、長野赤十字病院

資格

日本形成外科学会形成外科領域専門医、日本熱傷学会熱傷専門医

専門分野

形成外科

担当医表

 
午前  大坪 大坪/

大学医師

午後 大坪 大坪

※予約・紹介のみ