診療科

形成外科

概要・診療方針

体表の腫瘍、先天異常、外傷など形成外科一般の治療を行っています。平成29年4月より常勤医1名・信州大学形成再建外科からの非常勤医師1名(月1回の外来診療)で診療を行っております。

診察内容

月・木・金は午前、火・水は午後に外来を行っています。
月・木・金の午後に手術、レーザー治療を行っています。
紹介・予約制となっておりますので、受診の際は形成外科外来まで、お電話にてお問い合わせください。

当院形成外科で行う主な診療(抜粋)
「腫瘍」

皮膚、皮下の腫瘍の摘出 欠損が大きい場合は局所皮弁術、皮膚移植などで層の早期閉鎖を行います。

「外傷」

軟部組織損傷、熱傷、顔面骨骨折

「先天異常」

臍ヘルニア(でべそ)、多指症、合指症、舌小帯短縮症、乳児血管腫、単純性血管腫(赤あざ)

「その他」

眼瞼下垂症、睫毛内反症(逆さまつげ)、腋臭症(わきが)、脱毛レーザー(自費診療)

医療レーザー脱毛(自費診療)のご案内

タイトルをクリックすると詳細が開きます 医療レーザー脱毛パンフレット

医療レーザー脱毛

当外来では、ロングパルスアレキサンドライトレーザーGentleLASEを導入して、医療レーザー脱毛を行っています。
【脱毛治療は健康保険適用外(自費診療)です】

医療レーザーの仕組み

毛根は毛をどんどん作りだしていく働きがあり、毛を抜いてもまた生えてきます。皮膚にレーザーを当てると、毛根内の毛に含まれるメラニンに吸収され、毛根内の温度を急上昇させます。その熱で毛根とその周辺の組織が破壊され、毛根が毛を作れなくなります。
医療レーザー脱毛はエステの光脱毛よりも確実で効果的
エステの光脱毛はいろいろな波長の光を含んでおり、皮膚の色々な部分で吸収されるために毛根をきちんと破壊することができません。法律的にも毛根を破壊するほどの強さで照射することが認められていません。医療レーザー脱毛のレーザー光線は脱毛に適した単一波長の光でできているため、効果的に行うことが可能です。しかし、エステの光脱毛でも同様ですが、完全な脱毛は困難です。脱毛ではなく、長期的な減耗です。追加照射が必要な場合もあります。レーザー照射は1か月~2か月間隔で4~6回(最低3回)必要です。毛根には毛周期があり、成長期が数カ月続いた後、休止期に入り数カ月は毛を作りません。休止期の毛根には毛がありませんので、レーザーを当てても毛根を破壊することができません。そのため、効果的に脱毛をするためには1~2か月間隔で4~6回の施術をする必要があります。

診療日

毎月第2金曜日午後14時半~

受診方法・お問合せ

紹介状は必要ありません。予約をお願いします。電話での予約は平日午後3時~5時にお願いします。
お問合せ先 当院形成外科外来 TEL 026-292-2261(代表)

治療時間

約10分~30分程度(部位や個所により異なります。)

注意事項

・直後に皮膚表面が赤くなりますが、一過性のもので数日程度で治ります。
・照射中はゴムで軽くはじかれる様な痛みを感じる場合があります。
・当日よりシャワー等ご利用いただけます。
・治療期間中は日焼けを避け、必ず日焼け止めクリームをお使いください。
・紅斑、毛嚢炎、硬毛化、やけどなどの合併症が起こる可能性があります。

料金表

診察料
1回目3,015円、2回目以降756円
脱毛
両脇(1回)8,000円
両前腕(1回)18,000円
両上腕(1回)18,000円
両前腕+両上腕(1回)33,000円
両下腿(1回)22,000円
両大腿(1回)35,000円
ビキニライン(1回)12,000円
顔面(女性)10,000円
男性ひげ(上口唇)5,000円
男性ひげ(両頬)8,000円
男性ひげ(顎)8,000円
男性ひげ(全範囲)20,000円
追加
5ショット1,000円
10ショット2000円
※その他、処方薬別途自費

担当医

大坪 美穂 (おおつぼ みほ)

平成18年卒

役職 形成外科医長
資格 日本形成外科学会形成外科領域専門医
日本熱傷学会熱傷専門医
専門分野  形成外科

担当医表

 
午前  大坪 大坪/

大学医師

大坪
午後 大坪 大坪 レーザー ・外来手術

※予約・紹介のみ