センター

糖尿病センター

概要・診療方針

糖尿病患者数の増加にも関わらず、糖尿病診療に携わる医師の絶対的不足が続いています。一方、科別、臓器別、専門別、救急医療の推進による緊急性による選択、DPCの導入等による医療環境の細分化により、主訴の乏しい糖尿病が、放置されやすい状況がますます加速しています。こうした中、糖尿病診療に知識を深めたコメディカルスタッフによる患者支援体制が要求され、糖尿病療養指導士や、地域糖尿病療養指導士といった資格制度が確立されつつあります。当院でも、糖尿病療養指導士の数が徐々に増えてきていますが、「本人の希望と自助努力」という位置付けをなかなか超えることができず、志を持ったスタッフの知識や経験を、実際の医療現場において糖尿病患者に提供できる体制が、未だ欠如しているのが現状です。こうした状況を少しでも改善することを目的に、コメディカルスタッフを中心に、当院の入院、外来患者の糖尿病診療への支援のみならず、近隣の医療機関の糖尿病診療支援を実践すべく、平成22年4月より「糖尿病センター」を設置しました。これまでの実際の活動状況は以下の通りです。

  1. 糖尿病療養指導士による糖尿病指導外来の実施と拡充。
  2. 糖尿病療養指導士を中心とした検討会による患者、家族、医師、コメディカルスタッフへの助言。
  3. 糖尿病教室の開催と近隣医療機関スタッフのオープン参加。
  4. 糖尿病看護研修の支援と近隣医療機関スタッフのオープン参加。
  5. 管理栄養士による栄養指導。
  6. 理学療法士による運動療法指導。
  7. 薬剤師による薬物療法指導。
  8. 検査技師による検査の説明と指導。
  9. 糖尿病療養指導士会による院内ネットワークの構築。
  10. 糖尿病療養委員会の設置。
  11. 透析予防外来の実施

今後、これらの活動を拡充し、皆様の糖尿病診療に少しでも役立てるよう、支援をすすめていきたいと考えています。

医師紹介

山内 恵史 (やまうち けいし)

副院長、糖尿病・内分泌・代謝内科統括部長、糖尿病センター長、昭和57年卒

主な職歴

国保浅間病院、信州大学医学部附属病院、米国ルイジアナ州立大学、アイオワ大学、信州大学医学部附属病院講師、長野赤十字病院、相沢病院

資格

総合内科専門医、内科認定医、日本糖尿病学会専門医・指導医、日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)専門医・指導医、日本老年医学会指導医

峯村 今朝美 (みねむら けさみ)

糖尿病・内分泌・代謝内科部長、糖尿病診療センター副センター長 平成6年卒

主な職歴

信州大学老年科、浅間総合病院、米国シカゴ大学

専門分野

糖尿病、甲状腺疾患等の内分泌代謝疾患

川田 伊織  (かわた いおり)

糖尿病・内分泌・代謝内科医師 平成25年卒

主な職歴

飯田市立病院、信州大学医学部付属病院