新着情報

レポート

2015.12.08
レポート

院内文化祭典2015を開催しました

11月28日(土)の外来診療終了後に、ホスピタルストリート南側で院内文化祭典を開催しました。
これは、単調になりがちな入院生活を送られている患者様が少しでも元気になれるようにと、病院創立時より毎年開催しているものです。
今年は外部から多くのゲストを迎えました。ころぽっくる保育園児による太鼓演奏、通明小学校児童による合唱や地元愛好家によるオカリナ演奏をしていただきました。また、院内からはバンド演奏やコーラスを行いました。
保育園児や小学校児童が参加することもあり、保護者の方も大勢お見えになり、新しくなった病院に驚いていらっしゃいました。
入院生活の中では、どうしても病室に閉じこもりがちになってしまいますが、多くの入院患者様に文化祭典に足を運んでいただき、子供たちの元気な演奏する姿や歌っている様子を楽しそうにご覧になり、園児とはおもえない迫力ある太鼓演奏や小学生の澄んだ歌声に耳を傾けていました。

bunnka banndo

当院スタッフによるバンドで文化祭典がスタート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bunnka koropokkuru

ころぽっくる保育園の園児による和太鼓演奏 園児とは思えない迫力ある太鼓でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bunnka okarina

オカリナのやわらかな音に聴衆は聞き入っていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bunnka tuumeisyou

通明小学校児童合唱団のすばらしい歌声が院内に響き渡りました

 

 

 

 

 

 

 

 

bunnka ko-rasu

最後は病院スタッフによるコーラスでした