診療科

膠原病科

概要・治療方針

リウマチ、膠原病というと『難病』『珍しい病気』 などのイメージがあると思いますが、古くは約4000年前のアメリカ原住民の遺骨に関節炎の痕が見つかっていますし、ギリシャ時代のヒポクラテスの文献集にリウマチに関連した『catarrhos』という言葉が出てきます。また膠原病という概念は1942 年病理学者Klemperer が提唱し、以後用いられています。そして、リウマチ膠原病の診断、治療法はここ十数年で劇的に変化してきています。いわば古くて新しい病気 という事が出来ます。 当院では膠原病科医師は4 名ですが、リウマチ科医 師2名と協力して、リウマチ膠原病センターとして膠原病を含めたリウマチ性疾患全般の診断治療を行っています。外来は担当医師が毎日交代で行い、東棟4階をリウマチ科病棟として運営、専門スタッフが関節リウマチ患者膠原病患者様の入院治療を行っています。多くは慢性疾患であり、時には肺、心臓、腎臓、内分泌系の合併症を伴う事もあり各科と協力して全身 的治療を行っています。このため、他科の医師にもリウマチ登録医の資格をとってもらっており、必要に応じて診療の協力をあおいでいます。 また定期的に患者様向けの講演会、勉強会なども行っています。取り扱う疾患は、関節リウマチをはじめ全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎皮膚筋炎、血管炎症候群、混合性結合織病、シェーグレン症候群などです。また、最近注目されている線維筋痛症、 血清陰性脊椎関節炎、抗リン脂質抗体症候群などの膠原病類縁疾患も取り扱っています。原因のよくわからない関節炎疾患、不明熱などについても各診療科と協力して診断をつけ治療を行っています。最近は関節リウマチに対するいわゆる生物学的製剤の使用も注目されていますが、当院でも積極的にこれらの治療 を行っています。 リウマチ膠原病を疑わせるような病態でお困りの患者様がいらっしゃいましたら、どうぞご紹介ください。

医師紹介

鈴木 貞博 (すずき さだひろ)

膠原病科部長、総合診療科部長、リウマチ科部長、リウマチ膠原病センター長

昭和57年卒

主な職歴

北里大学 膠原病感染内科、神奈川県厚生連伊勢原協同病院

資格

日本内科学会総合内科専門医・研修指導医
日本プライマリケア連合学会認定医・研修指導医・評議員
日本リウマチ学会専門医・指導医・評議員
日本医師会認定産業医
医学博士

専門分野

膠原病全般の診断と治療、関節リウマチの内科的治療、不明熱疾患の診断と治療

原 亮祐 (はら りょうすけ)

膠原病科医長、総合診療科医長 平成20年卒

主な職歴

篠ノ井総合病院、北里大学病院

資格

日本内科学会認定内科医
日本リウマチ学会専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医

田中 知樹 (たなか ともき)

膠原病科医師 平成23年卒

主な職歴

北里大学病院、篠ノ井総合病院

安村 匡弘 (やすむら まさひろ)

膠原病科医師 平成25年卒

主な職歴

東海大学付属病院、浅間総合病院

市川 貴規 (いちかわ たかのり)

膠原病科医師 平成25年卒

主な職歴

長野赤十字病院、信州大学医学部付属病院、佐久総合病院

 資格

日本内科学会認定内科医

担当医表

リウマチ膠原病
センター
午前 下島

田中(第1)

小野

安村

浦野

小野

上野

浦野

村松

小川

浦野

浦野

小野

午後

(予約のみ)

下島

田中(第1)

岸田 上野 小川

石井

鈴木

中村(第2)

担当医表はリウマチ膠原病センターのものです。
詳しくは外来にお尋ねください。