診療科

腎臓内科

概要・診療方針

当科は昭和42年の病院開設時より腎疾患の診断から治療までの総合診療を行っており、日本腎臓学会、日本透析医学会および日本アフェレシス学会の認定施設であり、地域での腎臓病治療の中核病院となっています。常勤医は4 名であり前記学会の指導医、認定医で長年の臨床経験を有しており、その他に信州大学、昭和大学からの非常勤医師の協力を得ています。内科外来では1 診において紹介患者さんを中心に専門診療が月・火・水・木・金に行われており、入院の必要な患者さんは出来るだけ早く入院していただけるように本館棟4階西病棟の体制を整えています。診療内容は、腎炎・ネフローゼ症候群から糖尿病性腎症や膠原病による腎臓病をはじめ、保存期腎不全や高血圧症の外来診療から入院検査、治療を専門スタッフと協力して診療にあたっています。特に保存期腎不全に対する食事療法の講演会や栄養指導を繰り返し行い透析導入を回避するように目指しています。

医師紹介

田村 克彦 (たむら かつひこ)

副院長、診療部長、内科統括部長、腎臓内科統括部長、人工腎センター長、昭和54年卒

主な職歴

昭和大学藤が丘病院腎臓内科

資格

日本透析医学会認定医・指導医

専門分野

続発性腎疾患を含む腎疾患のすべて。血液浄化療法を必要とする疾患

牧野 靖 (まきの やすし)

腎臓内科部長、臨床研修センター副センター長、平成5年卒

主な職歴

昭和大学、総合高津中央病院、都立荏原病院、牧田総合病院

資格

日本透析医学会専門医・指導医
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医

専門分野

腎臓内科(腎不全、腎炎)、透析

中村 裕紀 (なかむら ひろのり)

腎臓内科部長 平成11年卒

主な職歴

昭和大学病院、関東労災病院、昭和大学藤が丘病院、ワシントン大学、昭和大学横浜市北部病院、戸塚共立第2病院

資格

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会専門医・指導医
日本アフェレシス学会認定血漿交換療法専門医
日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダー

専門分野

腎臓内科

穴山 万理子 (あなやま まりこ)

腎臓内科医師 平成11年卒

主な職歴

山梨県赤十字血液センター、長野市民病院

長沢 正樹 (ながさわ まさき)

腎臓内科顧問、昭和52年卒

主な職歴

順天堂大学医学部、順天堂大学腎臓内科講師

資格

日本内科学会認定内科医
日本透析医学会認定医・指導医
日本アフェレシス学会認定専門医・認定血漿交換療法専門医
日本腎臓学会認定専門医・指導医
日本人間ドック学会認定医

専門分野

腎臓病、高血圧症、在宅透析

担当医表

担当医表 田村 中村 長沢 田村 牧野
穴山 牧野 中村