診療科

耳鼻咽喉科

概要・診療方針

南長野地区から千曲、東信地域にかけての基幹病院として耳鼻咽喉科全般の疾患を治療しています。現在常勤医1名で一般外来を病院診療日の午前中に、特殊検査や手術を午後に行っています。入院患者さまは年間250 名、手術件数は手術室にて約 110 例、外来にて約300 例です。耳用、鼻用の内視鏡手術機器が充実しており、低侵襲手術に心がけています。また急性扁桃炎をはじめとする急性感染症、突発性難聴や顔面神経麻痺などに対して入院治療も行っています。昨今、頭頚部悪性腫瘍の増加がみられ、早期発見が機能温存治療のキーとなります。頭頚部は感覚器の集合体であり、耳鳴りから、喉の違和感まで患者さまの訴えはさまざまであります。その中の小さな愁訴に隠れている病変を見逃さないように努めています。2014

医師紹介

浅輪 史朗 (あさわ しろう)

耳鼻咽喉科部長、平成5年卒

主な職歴

信州大学耳鼻咽喉科、安曇総合病院、飯山赤十字病院、長野赤十字病院

資格

日本耳鼻咽喉科学会認定専門医・専門研修指導医

専門分野

耳鼻咽喉科

担当医表

 耳鼻咽喉科
午前 浅輪 浅輪 大学医師 浅輪 浅輪 大学医師
午後  専門外来  専門外来

専門外来は予約制です。