センター

地域周産期母子医療センター

概要・診療方針

  1. はじめに
    新病棟建設により2015年5月から3階病棟が地域周産期母子医療センターとなり、産科 部門と新生児部門が連結され、今まで以上に連携が取りやすくなりました。
  2. 産科部門について
    現在、常勤医5名で診療しています。年間分娩数は約630件、帝王切開術は約180件です。取り扱う領域は、正常分娩、切迫流早産、各種合併症妊娠、ハイリスク妊娠です。長野市南部、千曲市、坂城町の妊娠分娩、そして最近では上田地区のハイリスク妊娠を主に扱っています。32週未満の早産は主に長野県立こども病院にお願いしていますが、妊娠継続可能な場合はできるだけ当センターで管理を行っています。また症状の改善を認めた場合はご紹介元にお戻りいただくこともしています。
  3. 新生児部門について
    現在、常勤医4名で診療しています。入院定数は15名で、比較的広いスペースを有しています。年間入院数は約170名で、その内訳は黄疸、低出生体重児、呼吸障害、感染症、低血糖症、その他の順となっています。32週未満の早産児および重症児の場合は主に長野県立こども病院にお願いし、安定後は再び当院に再搬送されて退院まで当科で対応しています。退院基準は、修正36週以降、体重2500g以上となり、状態が安定した場合としています。産科部門と新生児部門の良好な相互連携により、母児およびその家族のためにベストを尽くしていきたいと思います。

医師紹介

諸橋 文雄 (もろはし ふみお)

小児科統括部長、地域周産期母子医療センター長、院長補佐 昭和53年卒

主な職歴

信州大学小児科

資格

日本小児科学会小児科専門医

専門分野

小児科全般

本道 隆明 (ほんどう たかあき)

地域医療部長、産婦人科統括部長、地域周産期母子医療センター副センター長 昭和62年卒

主な職歴

昭和大学産婦人科、亀田総合病院、

資格

日本産科婦人科学会認定専門医
母体保護法指定医

専門分野

婦人科腫瘍、手術、不妊症、分娩など産婦人科領域全般に対応いたします。

加藤 清 (かとう きよし)

産婦人科部長、地域周産期母子医療センター副センター長 平成2年卒

主な職歴

信州大学産婦人科

資格

日本産科婦人科学会産婦人科専門医
日本婦人科腫瘍学会専門医
母体保護法認定医

専門分野

婦人科腫瘍

中村 真一(なかむら しんいち)

小児科部長、H3年卒

主な職歴

諏訪赤十字病院、国保浅間病院小児科、長野県立こども病院、信州大学医学部附属病院

長野赤十字病院

資格

日本小児科学会小児科専門医

武田 哲 (たけだ さとし)

産婦人科医師 平成18年卒

主な職歴

小諸厚生総合病院、篠ノ井総合病院、富山県立中央病院

資格

日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医

専門分野

産婦人科

今井 宗 (いまい たかし)

産婦人科医師 平成21年卒

主な職歴

長野市民病院、信州大学附属病院、北信総合病院

資格

日本産婦人科学会認定専門医
日本DMAT隊員
母体保護法指定医

塩入 崇弘 (しおいり たかひろ)

小児科医長 平成18年卒

主な職歴

福井総合病院、信州大学医学部、諏訪赤十字病院、信州上田医療センター

資格

日本小児科学会小児科専門医

曽根原 健太  (そねはら けんた)

産婦人科医師 平成23年卒

主な職歴

篠ノ井総合病院、信州大学医学部付属病院

資格

日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医

金井 絢子 (かない あやこ)

小児科医師 平成24年卒

主な職歴

諏訪赤十字病院、信州大学医学部附属病院、信州上田医療センター