病院について

臨床研究・疫学研究・治験

臨床研究・疫学研究

当院および関連施設を受診・利用される・された方へ

篠ノ井総合病院では、人を対象とした医学系研究(臨床研究および疫学研究)について、世界医師会による「ヘルシンキ宣言」及び厚生労働省「臨床研究に関する倫理指針」など、関連法規・指針に従って適切に行われるよう生命倫理委員会規定を定め、厳密に倫理的な審査を行い、医学系研究を実施しております。
これらの医学系研究では、診療や健康管理活動の際に得られたみなさまの情報を使わせて頂くことがありますが、その都度、情報を使わせて頂く方またはご家族等に個別に説明し同意を得ることはしておりません。しかし、研究内容や対象となる方について、院内掲示または当院のホームページ(下表をご参照ください)でお伝えいたします。情報を利用させていただく研究は、当院の生命倫理委員会で審査され、問題がないと判断されたものに限ります。また、症例調査業務について業務委受託契約を締結し実施することもありますが、得られたデータは統計処理をいたしますので、個人は特定できないようにして利用いたします。
ご自身の情報の利用を拒否したい場合、ご不明な点がある場合は、以下にご連絡ください。

お問い合わせ先:篠ノ井総合病院 生命倫理委員会事務局
〒388-8004長野県長野市篠ノ井会666番地1
TEL:026-292-2261(代表)
番号 研究者名 所属 研究課題名 対象 承認日 研究終了予定
001 中村裕紀 腎臓内科 慢性維持透析患者の予後に関する炭酸ランタンと炭酸カルシウムの無作為割付前向き比較試験 透析導入後3ヶ月以上経過した患者 2013年10月28日 2016年11月30日
002 中村裕紀 腎臓内科 日本に血液透析の治療方法と患者の予後についての調査 慢性腎不全と診断された18才以上の血液透析患者 2015年8月24日 2018年9月30日
003 中村裕紀 腎臓内科 腹膜透析(PD)の患者予後と治療方法についての調査 12人から30人が全数からArbor researchにより無作為に選出される 2015年8月24日 調査開始から36ヵ月間