新着情報

お知らせ

2017.12.25
お知らせ

バイプレーン血管撮影装置を更新

フィリップス社製の血管撮影装置AlluraClarity FD20/15を導入し、12月より運用を開始しました。今回導入したシステムは頭腹部・全身用バイプレーンシステムで、高画質と低被ばくを両立したモデルで術者の操作性や、患者の安全性が大幅に向上しています。また散乱線による被ばくを低減し医療スタッフの安全性を向上させるとともに、より長時間で複雑な手技を行うことが可能となっています。
今後は、脳動脈瘤等の脳血管内治療、上肢や下肢の血管拡張手術、胸腹部の大動脈瘤手術を中心に有効利用していきます。