診療科

病理診断科

概要・診療方針

2008年4月に厚生労働省は“病理診断科”を臨床標榜科として認定いたしました。
2010年7月より常勤の病理専門医が2名となり、病理診断、臨床検査の管理を分けて診療に当たることになりました。2014

診療内容

    1. 病理専門医2名によるダブルチェック体制での迅速な病理診断
    2. 臨床各科とのカンファランス、臨床研修医に対する教育
      ・手術材料を中心とした外科病理カンファランス(毎月)
      ・CPC(年5回)
      ・臨床各科とのカンファランス(随時)
    3. 学会発表・論文作成の協力
    4. 病理診断セカンドオピニオン
    5. 病理外来(患者・家族の要望に応じて)
難解な症例や病理診断の精度管理、正確性維持のため以下の病理診断科と提携し、コンサルトを受けています。

信州大学中央検査部病理診断科
東京都立駒込病院病理科
東京大学医学部人体病理学分野
自治医科大学病院病理部
昭和大学医学部臨床病理診断学部門

医師紹介

川口 研二 (かわぐち けんじ)

病理診断科部長、臨床研修センター副センター長、院長補佐 昭和54年卒

主な職歴

東京都立駒込病院、信州大学第一病理学

資格

日本病理学会認定医
日本臨床細胞学会指導医・専門医

専門分野

消化器・呼吸器・腎、血液疾患

牧野 睦月 (まきの むつき)

臨床検査科医長、病理診断科医長、平成14年卒

主な職歴

昭和大学病院

資格

日本病理学会病理専門医
日本内科学会内科認定内科医
日本透析医学会専門医
日本臨床細胞学会細胞診認定医

専門分野

腎生検診断

IMG_5945