診療科

皮膚科

概要・治療方針

一般的な皮膚疾患であるアトピー性皮膚炎やアレルギー疾患などから自己免疫性の水疱症や褥瘡等、多岐に渡る皮膚疾患の診断・治療を外来診療、入院診療で行っております。皮膚腫瘍など外科的治療が必要な場合は、当科常勤医が一人のため、当院形成外科や信州大学病院皮膚科とも連携してよりよい治療をできるよう心がけております。

診療内容

当科は基本的に専門外来等を設けておりませんので毎日あらゆる疾患の診療を行っております。基本的に外来は午前中のみで、午後は検査や手術となっております。水曜日のみは学生を対象に15 時から16 時半まで午後外来を開設しております。また、水曜日に関しては信州大学からの医師による診療も行っております。また、2014 年4 月1 日より当科では基本的に再診は予約制、初診は紹介状持参を原則とすることになりました。皆様には大変なご迷惑をおかけすることと思いますが、円滑でよりよい診療を行うためにも必要となりますので、ご了承いただきたいと思います。

特徴

皮膚の疾患というのは自分の目で見えるため、その症状や原因、治療法等が適切かどうか自分で非常に気になることが多いかと思います。そこで、できる限りわかりやすく病気の説明や治療法等の解説を心がけるようにし、納得できる治療を行えたらと思っております。アトピー性皮膚炎では適切な治療やスキンケアはもとより、生活指導や外用指導なども非常に重要なファクターと考えており、これらをできる限り丁寧に説明できるよう心がけております。重症な場合は入院し、軟膏治療とスキンケアの方法を十分に理解できるように指導しています。アレルギー疾患に関しては必要に応じてパッチテストや皮内テスト、血液検査等の詳細な検査を行い、必要な場合はできる限り原因検索を行っています。皮膚腫瘍に関しては外科的治療が必要になることが多く、常勤医一人では行えない手術も多数あり、その場合は当院形成外科や大学病院皮膚科と連携して治療を行っています。その他には尋常性乾癬や掌蹠膿疱症、尋常性白斑、菌状息肉症等に対する光線療法も今後は増やしていきたいと考えております。重症感染症(帯状疱疹や蜂窩織炎など)や中毒疹、重症薬疹、自己免疫性水疱症(水疱性類天疱瘡や尋常性天疱瘡など)、入院加療が必要な皮膚腫瘍の切除などでは積極的に入院加療を行っております。2014

医師紹介

木藤 健治 (きどう けんじ)

皮膚科部長、平成12年卒

主な職歴

信州大学皮膚科、慶応大学医学部先端医科学研究所、名戸ヶ谷病院

資格

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

専門分野

皮膚科

担当医表

 皮膚科
午前 木藤 木藤
大学医師
大学医師 木藤 木藤
午後 専門外来

(予約・紹介のみ)