病院について

医療安全・感染制御の取り組み

医療安全

医療安全管理室業務の紹介

私たちは、昭和42年の病院開設以来、地域の皆様の生命と健康を守るべく保健・医療・福祉の包括化に努めてまいりました。患者さんをはじめ地域の皆様とともに、さらにより良い医療のあり方を考え実践してまいりたいと考え、平成15年より医療安全管理室を立ち上げました。

医療安全管理室の業務内容
1.医療安全事故防止対応

①安全に関するマニュアル等の整備、マニュアルの徹底

②インシデント・アクシデントレポートの報告管理・事故の要因分析・対策立案・周知徹底・情報の収集

③院内の定期巡回

④医療安全委員会・リスク管理委員会・カンファレンスの開催

⑤安全に関する職員研修の開催

⑥苦情処理(医療事故・医療紛争に絡む案件)

2.医療事故紛争対応

①医療事故・医療紛争対応、対策立案、情報収集

②病院に対するご意見の対応

3.院内感染防止対応

①院内感染防止対策の徹底

②院内感染防止委員会の定期的な開催と、情報の速やかな提供

③院内感染防止対策に関する研修会等の開催(企画・開催)

④院内感染発生時の対応

事故防止には、病院だけでなく患者さんやご家族一人一人の協力が欠かせません。医療事故はどんなに万全な対策を立てても決してゼロにはなりません。それは人間の情報処理能力には限界があるため人は必ずと言っていいほど間違いをおかしてしまいます。そして医療現場には事故を誘発しやすい要因がたくさんあります。医療事故から身を守るためにも、患者さんやご家族が医療チームの一員となり、医療に参加されることが重要だと考えます。

 

感染制御

当院では、病院の理念に基づき、患者の皆様および病院従業員に安全で快適な医療環境を提供するため、感染防止および感染制御の対策に取り組んでいます。